青空のスローな生活

旅行、食べ歩き、料理、日常の記録です。ちょっぴり贅沢しながら、節約ライフ実践中です。

<ぶらり旅>小田急ロマンスカーミュージアム(海老名市)

昨年4月19日、海老名駅(神奈川県海老名市)に隣接してオープンした小田急ロマンスカーミュージアム

 

一度行ってみたいと思っていましたが、コロナ禍で機を逸してしまいました。

 

これまで、ロマンスカーに乗った経験は、先日の小田原~箱根湯本の12分だけです。

 

kirakunist.hatenablog.com

 

しかし、通勤・通学で小田急線を使っていた時期があり、その姿はしばしば見かけていました。

 

駅を出発する時などに鳴らされるミュージックホーンは、何とも言えない懐かしさを感じます。

 


www.youtube.com

 

夏休みが始まる前のとある日、ロマンスカーミュージアムに行ってきました。

 

 

海老名市は、神奈川県の県央部にある人口約14万人の市です。

私も縁あって何回も出没したことのある地です。

 

相模川を挟んで厚木市の東側にあり、

いきものがかり」のボーカル・吉岡聖恵さんは、厚木市出身で県立海老名高校卒、

水野良樹さん、山下穂尊さん(脱退)は、海老名市出身で県立厚木高校卒、

というのは有名な話のようです。

 

 

 

目 次 🚅

 

鉄道の要衝「海老名駅

海老名駅は、小田急小田原線相鉄線・JR相模線が乗り入れ、神奈川の鉄道の要衝と言っても過言ではないでしょう。

 

県の東西南北をはじめ、新宿などの都心へも直通で行くこともできます。

 

小田急小田原線

小田原、新宿方面に直通します。

 

 

相鉄線

横浜と県央を結ぶ基幹線ですが、近年は、都内へも直通します。

写真の駅は、少し暗く狭い感じがしますが、現在改装工事が行われているためです。

 

 

<JR相模線>

茅ヶ崎、橋本(リニア新駅予定地)方面に直通します。

 

 

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアムは、小田急海老名駅に隣接し、自由通路に面しています。

 

 

現在は、コロナの影響で原則予約制となっていますが、空きがあれば入館できます。

訪れたのは夏休み前の平日だったので、予約なしで入れました。

 

入館料900円を払って中に入ると、路線図とともに海老名市のイメージキャラクター「えび~にゃ」が迎えてくれます。

 

 

1Fに降りると、「ヒストリーシアター」があります。

 

昭和2年の小田急開業当時の「モハ1」が展示されています。

 

 

レトロな車内です。

 

 

ロマンスカーギャラリー

その隣には、最大の見どころであるロマンスカーギャラリー」があります。

 

1991-2012年に運行された「RSE(20000形)」です。

 

 

1987-2012年に運行された「HiSE(10000形)」です。

 

 

中に入ることができます。

 

 

ゴージャスな作りです。

 

 

最高のビュースポットはここでしょう。

 

オレンジ色のロマンスカーが3台同時に見ることができます。

 

カッコいいですね。

 

 

1957-1992年に運行された「SE(3000形)」です。

流線形のロマンスカーとしては、初代にあたります。

 

 

1963-1999年に運行された「NSE(3100形)」です。

運転席が2階にあります。

 

 

このミュージアムに搬入された時の映像を写真に撮ったものです。

なんとも可愛らしい顔をしていますね😄

 

 

1980-2018年に運行されたLSE(7000形)」です。

 

 

ジオラマパーク

2階に上がるとジオラマパーク」があります。

 

新宿から片瀬江ノ島・箱根までの沿線をイメージした精巧なジオラマです。

 

朝から夜までを演出しています。

 

 

新宿です。

 

 

江の島です。

 

 

小田原です。

 

 

箱根湯本です。

 

 

神秘的な空間で、ロマンスが芽生えそうですね💕

 

キッズエリア

2階には子供が楽しめるコーナーもあります。

 

 

こちらは、大人も楽しめる運転シュミレーターです。

リアルで、後ろから見ていてもワクワクしました。

 

 

展望スポット

3階(屋上)です。

 

 

小田急海老名駅が見えます。

MSE(60000形)が新宿方面に向かっています。

 

 

ビナガーデンズオフィスが見えます。

 

 

小田急電鉄は、来年2月にこのビルに本社機能を設け、都内との二拠点体制をスタートするそうです。

 

クラブハウス

では、そろそろ帰りましょう。

 

左はグッズショップ、右はキッズロマンスカーパーク、正面が出口です。

 

 

ゲートを出ると「クラブハウス」があります。

 

かつてのロマンスカーのシートサービス「走る喫茶室」を再現した日東紅茶とクールケーキのセット」をいただけるそうです。

 

 

 

 

ロマンスカーミュージアム

 

鉄道マニアだけでなく、キッズやカップルなど幅広い層が楽しめそうなスポットでした。