青空のスローな生活

旅行、食べ歩き、料理、日常の記録です。ちょっぴり贅沢しながら、節約ライフ実践中です。

<ぶらり旅>多摩川・登戸の渡し(川崎市) ~ 多摩川の都県境はどこかな?

ドラえもんたちのいる駅」を訪ねて、川崎市多摩区にある小田急登戸駅に行ったときのこと。

 

f:id:kirakunist:20211010233317j:plain

 

kirakunist.hatenablog.com

 

川崎市は、神奈川県の北東部に東西に長く位置する市で、

 

多摩川を挟んで、東京都と接しています。

 

グーグルマップで「登戸駅」を確認していたら、

 

駅から数分の多摩川の岸辺に「登戸の渡し跡」なるものを見つけました。

 

多摩川の岸辺から、多摩川を見たことがないので、立ち寄ってみました。

 

 

目 次

 

多摩川

多摩川は、山梨県塩山市笠取山を水源とし、東京都、神奈川県を流れて東京湾へとそそぐ、全長約138㎞の一級河川です。

 

下流は、東京都と神奈川県の都県境となっており、神奈川県側は、東西に長く伸びる川崎市が東京都と接しています。

 

川崎の名前は、「多摩川のさき」から由来するとも言われています。

 

個人的には、東京方面に行った帰り、多摩川を渡ると

 

神奈川に帰ってきたなぁ‥

 

と、なんとなく思い入れのある川です。

 

登戸の渡し

「登戸の渡し跡」は、登戸駅から数分のところです。

 

登戸駅を出発します。

 

f:id:kirakunist:20211010231335j:plain

 

少し行くと

 

f:id:kirakunist:20211010231402j:plain

 

「登戸の渡し跡」に着きます。

 

正面が多摩川、左手が小田急の鉄橋です。

 

f:id:kirakunist:20211010231424j:plain

 

かつては、川を往来する手段は「渡船」が中心で、

 

多摩川にもいくつかの「渡し場」がありました。

 

「登戸の渡し」もその一つです。

 

f:id:kirakunist:20211010231451j:plain

 

船に自転車をのせています。

 

大きな川でも橋が架けられる時代となり、その役割を終えて「渡船」は廃止されました。

 

「登戸の渡し」も1952年(昭和27年)に廃止されました。

 

ちょうど、小田急の鉄橋に電車がやってきました。

 

f:id:kirakunist:20211010231557j:plain

 

下流の右手には、川崎の武蔵小杉周辺にタワーマンションが林立しています。

 

f:id:kirakunist:20211010231622j:plain

 

初めて立つ、多摩川の岸辺。

 

川を渡る風に吹かれて、

 

なんとなくオセンチな気分になりました。

 

都県境はどこかな?

幅広い多摩川をぼんやりと眺めながら、

 

この川が、東京都との境なんだなぁ‥

 

と思っていた時、

 

でも、都県境はどこなんだろう🙄

 

と、素朴な疑問が湧いてきました。

 

ネットで調べて見ると、

 

「登戸の渡し」付近は、都県境が「くねくね」していることで有名なようです。

 

川の手前に東京都が食い込んでいたり、

 

はたまた、川の向こうが神奈川県であったり。

 

 

念のため「国土地理院」の地図でも調べて見ましたが、この近辺の都県境は、確かに入り組んでいました。

 

maps.gsi.go.jp

 

 

もともと、川は大雨などで流路を変えるため、それが原因の一つのようです。

 

いろいろな歴史的な経緯もあるのでしょうね。