青空のスローな生活

旅行、食べ歩き、料理、日常の記録です。ちょっぴり贅沢しながら、節約ライフ実践中です。

名古屋めし「あんかけスパ」を作る ~ ケンミンSHOWレシピ & オリエンタル

“名古屋めし”の一つにあんかけスパなるものがあると知ったのは、十数年前。

 

サラリーマン生活に嫌気がさし、あんかけ中華料理店で脱サラする!

 

と夢見ていた頃です。

 

お店の名前も決めました。

 

中華料理「あんかけ亭」です😏

 

同じ店名がないか、念のためにネット検索してみたところ‥

 

 

よもや、よもや😲

 

 

名古屋に「あんかけ亭」なるあんかけスパの店があるではないですか👀

 

当時は今ほど「あんかけスパ」がメジャーな存在ではなかった時代。

 

いつか、名古屋に行って「あんかけスパ」を食べてみたい、と思いながらも、

 

脱サラは未遂に終わり、仕事に追われて🙄時は流れました。

 

昨年12月の秘密のケンミンSHOW

 

「ケンミンあんかけ祭り BEST10!」という企画で、

 

なんと、9位の神奈川の「サンマーメン」を抑えて、

 

1位に輝いたのはあんかけスパゲティ

 

 

番組では、レシピも紹介していました。

 

名古屋に「あんかけスパ」を食べに行けるのはいつになるか分からない‥🙄

 

ケンミンSHOWのレシピで、あんかけスパを作ってみました。

 

目 次 🍝

 

あんかけスパ

東京と大阪の中間に位置する中京圏

 

その中心地である名古屋には、

 

「ひつまぶし」「味噌煮込みうどん」「台湾ラーメン」などの「名古屋めし」と呼ばれる独自の食文化が形成されています。

 

スパゲッティに独自の調合を施したあんかけをかけた「あんかけスパ」もその一つです。

 

「そ~れ」「ヨコイ」「チャオ」などのチェーン店があるらしく🙄

 

「あんかけ亭」もその一つのようです。

 

あんかけスパ」は、東京進出を果たしたものの根付かずに撤退したとの噂もあります。

 

食べたことがないので、どのような味かわかりませんが、

 

噂によれば、「やみつきになる味」みたいです。

 

ブログでいつもお世話になっている愛知県在住のまーきちさん (id:tamikiti67)が、以前、「あんかけスパ」について鋭い考察をされていました。

 

tamikiti67.hatenablog.com

 

ケンミンSHOWレシピ

あんかけスパ」は、食べたことがないので味が分かりません🙄

 

「ケンミンSHOWレシピ」に従って再現してみましょう。

 

麺:2.2mmの太麺

具材炒め油:ラード

具材:玉ねぎ、ピーマン、ウインナー、マッシュルーム

調味料:水400mlに対し、ケチャップ大6、ウスターソース大2、砂糖小4、コショウ小2、鶏がらスープの素小2、片栗粉適量

 

実際の調理に当たっては、麺は1.7mm、油はサラダ油を使っています。

さらに、コショウ小2も入れたら、普通は食べられなくなるので小1に変更しました😅

しかし、太麺コショウたっぷりが、ポイントなのかも知れません。

 

では、作りましょう。

 

フライパンで具材を炒め、茹でたパスタを混ぜます。

 

 

鍋でお湯を沸かし、調味料を加え、火を止めて水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。

 

 

お皿の中央にパスタを盛り付け、周りにあんかけをかければ、

 

名古屋めし「あんかけスパの出来上がり。

 

 

では、いただきま~す。

 

 

初めての味でした。

 

確かに、やみつきになりそうな気もします 🤨

 

オリエンタルのレトルト

「ケンミンSHOWレシピ」を検証する意味で、愛知県の工場で作られた「オリエンタル」のレトルトを食べてみました。

 

 

「オリエンタル」を選んだ理由は、スーパーで安売りしていたからです😄

 

「オリエンタル」の「あんかけスパです。

 

 

では、いただきま~す。

 

 

ケンミンSHOWレシピと似た味です。

 

コショウが結構効いてます。

 

結 論

今回、未知の味、名古屋めし「あんかけスパにチャレンジしましたが、

謎は深まる一方でした。

 

いったい、ホンモノはどんな味がするのか‥🤔

 

やはり、名古屋に食べに行くしかなさそうです😄