青空のスローな生活

旅行、食べ歩き、料理、日常の記録です。ちょっぴり贅沢しながら、節約ライフ実践中です。

和菓子処[主夫庵]あずき抹茶寒天包み ~ 青楓を添えて

立夏を迎え、緑がまぶしい季節になりました。

 

数年前に植えた「いろはもみじ」の苗木も、

 

つい先日、芽吹いたかと思ったら、みずみずしい緑の葉へと変わってきました。

 

秋を彩る「紅葉」に劣らず、初夏の楓の葉は美しいものです。

 

古より、日本人は、それを青楓(あおかえで)」と呼んで、愛でてきました。(←知らんけど‥🙄)

 

ということで、

 

今回の「主夫のデザート」シリーズは、

 

和菓子処「主夫庵」と名を変え、(大袈裟な‥😆)

 

緑が美しい5月にふさわしく、

 

みなさん、大好きだろう「あんこ」を抹茶寒天で包んでみました🤗

 

目 次

 

制 作

大袈裟な書き出しでスタートしましたが、

 

「作り方」は、いつもと同じで、いたって簡単です😅

 

用意するのは、抹茶、寒天粉、あずき缶です。

 

 

水に寒天粉を加え2分間沸騰させ、粗熱がとれたら容器に少し入れて、さらに、あずきを入れ、冷蔵庫で少し固めます。

残りの寒天は、固まらないように適宜温めておきます。

 

 

残った寒天に抹茶を加えて混ぜ、冷蔵庫で少し固めた寒天の上から入れます。

 

 

冷蔵庫でよく冷し、固まったら、容器から取り出し、

 

お皿に盛り付けて、抹茶を振りかけ、

 

「青楓」を添えれば、

 

「あずき抹茶寒天包み

       ~ 青楓を添えて」

 

の出来上がり!

 

 

食べてみます。

フォークをいれて、っと。

 

 

では、いただきま~す。

 



 

(もぐっ)

 

 

 

うん。

 

 

 

薫風の味 😙

(‥どんな味🙄)