青空のスローな生活

旅行、食べ歩き、料理、日常の記録です。ちょっぴり贅沢しながら、節約ライフ実践中です。

水郷潮来「つか本そば本店」 ~ 常陸秋そば「鴨せいろ」

茨城県南東部に位置し、周囲を「霞ヶ浦」「北浦」「常陸利根川」で囲まれた「水郷潮来

 

先日、咲き誇るあやめの花を見に行ってきました。

 

kirakunist.hatenablog.com

 

「水郷潮来あやめ園」を散策するとちょうどランチタイムになりました。

 

公園のすぐ近く、

 

茨城県産限定の常陸秋そばをいただける

 

創業150年、「つか本そば本店」茨城県潮来市)を訪ねました。

 

 

本日のメニュー(目次)

 

常陸秋そば

江戸時代から、そばどころとして知られた茨城県

 

2020年の蕎麦生産量は、2770tで北海道、長野県、栃木県に次いで全国4位。

 

全国シェアは、6.2%を誇っています。

 

中でも ブランド品種常陸秋そば」は、全国の蕎麦職人から最高峰との評価を得ているとのことです。

 

香り、味わいに優れ、風味豊かで、通を唸らせる逸品だそうです。

 

つか本そば本店

「つか本そば本店」は、創業150年の老舗そば処で、現在は六代目とのことです。

 

毎日打ち立てのそばを提供してくれるそうで、「常陸秋そば」もあります。

 

 

では、入りましょう。

 

 

「あやめ」の見頃シーズンということもあったからでしょうか、

11時半頃でしたが、ほぼ満席でした。

 

一席だけ空いてました。

 

 

メニューです。

 

 

常陸秋そば」の鴨せいろにしましょう。

 

 

実食コーナー

常陸秋そば」の鴨せいろです。

 

 

ちなみにこちらは北海道産そば粉「とろろそば」です。

 

 

鴨汁です。

 

 

常陸秋そばです。

 

 

薬味です。

 

私の住む地域では、鴨汁には「しょうが」ですが、わさびと大根おろしが付いていました。

 

 

鴨です。

 

 

では、いただきま~す。

 

 

 

(ズズッ)

 

 

 

うん。

 

 

 

う~む 🤔

(そば通が唸っている様子😄)

 

 

 

私は蕎麦好きですが、蕎麦は長野というイメージが強く、茨城が名産地とは知りませんでした。

 

これからは、茨城産も食べたいと思います😄